• よくあるご質問
  • オーナー様インタビュー
  • 事例・実績
  • 実例ギャラリー
  • 強み
  • 特長
  • 企業概要
メニュー

メディア掲載情報

新しい住文化を形成

『住宅新報』2008.3.11 第3055号

PDF版

jyutakushinpo_080311ランデックス「積極派が増える」

「持家派でも賃貸派でもない、いわば『戸建て賃貸住宅族』が誕生し、新市場が生まれる」。 戸建て賃貸のFCをこのほど本格的にスタートさせたランデックスの加藤敏夫執行役員技術本部長はこう予測する。
「従来のアパートは戸建て賃貸に切り替わり、持家に準ずる住宅として、新しい住文化が形成される」というのだ。同社の試算では、「年間7万戸から20万戸程度の市場が期待される」という。
背景には、需給ギャップに加え、社会構造の変化を挙げる。格差社会の進行により、持家を持ちたくても持てない層が増大するほか、積極的賃貸派も増えている。土地オーナー側からは、アパートの供給は過剰気味で空室リスクを懸念する声も高まってきている。物件の差別化策としても、持家感覚の戸建て賃貸が注目されてきている。
同社は3月6日、初のFC加盟店募集のセミナーを福岡市で開催した。当初30人程度の参加を見込んでいたが、ほぼ倍の56人(43社)が参加した。
「予想以上の反響に驚いている」と加藤本部長。セミナー終了後には9社から個別相談の依頼があった。
参加者には地元の大手不動産会社が多く、多角化戦略の1つではと分析する。
同社の戸建て賃貸FC「プライムマネジメントシステム」は、独自の金物工法を採用し、建築部材を共同購入する点が特徴。
「原材料の高騰で、各工務店が独自で資材調達するのは難しい。共同一括購入のメリットを生かし、建築費を定価とした」と加藤氏。加えて、耐震性や施工のしやすさをアピールしていく。

積極的に構造見学会も開催していく方針で、愛知県北名古屋市で1月に開いた同会には2日間で31組が訪れたという。

 

戸建賃貸経営ならプライムアセット|株式会社ヒノキヤレスコ ランデックス土地活用事業部
東京、埼玉、神奈川、千葉を中心に展開

戸建賃貸経営ならプライムアセット
株式会社ヒノキヤレスコ ランデックス土地活用事業部
東京、埼玉、神奈川、千葉を中心に展開

  • ホーム
  • 企業概要
  • 特長
  • アパマン経営にはないメリット
  • 高い収益性
  • 節税効果
  • 円滑な相続・資産継承
  • 20坪〜狭小地、変形地の対応
  • 強み
  • 初期投資を抑え高利回りの実現
  • 多彩なサービス
  • 高い品質とデザインバリエーション
  • トータルサポートシステム
  • 施工後の徹底した検査
  • 実例ギャラリー
  • その他の土地活用
  • 事例・実績
  • 成功実例
  • 施工実績
  • よくあるご質問
  • 資料請求・お問い合わせ
  • 見学予約
  • セミナー情報一覧
  • 見学会情報一覧
  • トピックス
  • メディア掲載情報一覧

対象エリア:東京・埼玉・神奈川・千葉