ヒノキヤグループの土地活用サイト。戸建賃貸、メゾネットタイプ住宅、高齢者施設。
東京、埼玉、神奈川、千葉を中心に展開。

お問い合わせは0120-443-743(※日曜日・祝日もご利用いただけます。)

桧家の土地活用
  • 戸建賃貸
  • プライムアセット Twin
  • プライムアセット Carna
  • プライムアセット「コミュニケーション型シェアハウス」
閉じる
戸建賃貸経営
  • アパマン経営との違い
  • 高い収益性
  • 節税対策
  • 資産継承
  • 20坪から狭小地、変形地対応
閉じる
桧家の強み
  • 低コスト運用・高利回りの実現
  • ヒノキヤグループ連携による多彩なサービス
  • 高い品質とデザインバリエーション
  • アフターケア
  • トータルサポートシステム
閉じる
土地活用実例
  • 成功実例
  • 施工実績
  • 土地オーナー様の声
閉じる

節税効果・相続対策について

節税効果が高いって本当?
「プライム アセット」を建てると、更地に比べて土地に対する固定資産税が1/6に減額する他、建物に対する固定資産税も一定の要件を満たすことで3年または5年の間1/2に軽減されます。
また都市計画税についても、戸建賃貸を建てた土地は更地に比べて、1/3に軽減されるため、節税効果が高い土地活用です。
相続税が下がるって本当?
「プライム アセット」を建てると、土地が「貸家建付地」となり、土地評価額が15~24%軽減されます。また、建物も建築総額の約40%の評価とみなされるため、相続税額が大幅に削減されます。
借入によって建築の場合、相続財産から債務控除を行うことが可能です。
また「小規模宅地の評価減」が適用できるため、敷地の200㎡までが1/2の評価となり、さらに税額を抑えることができるため、相続対策として有効な土地活用手法と言えます。
マンション建設よりも相続対策に向いているってどういうところ?
相続税対策としてアパートやマンションを建設することも「プライム アセット」と同様の効果を得られることができますが、兄弟など複数の相続人がいる場合、アパート・マンションだと共有することになり、紛争の原因となることが往々にしてあります。
「プライム アセット」であれば、区画毎に複数の相続人に相続が可能なため、他の土地活用に比べ、紛争を防止できる効果があります。
そもそも相続対策のためだけに、需要がない地域に多額の借入をつけてマンションを建設してしまうと、確かに相続税対策にはなるかもしれませんが、将来的にマンションが空室だらけの「負の遺産」となる場合もあるため、土地活用手法は慎重に検討されることをお勧めします。

資料請求はこちらから

ページトップへ戻る

戸建賃貸・土地活用ならプライムアセット|ヒノキヤグループ ランデックス土地活用事業部
東京、埼玉、神奈川、千葉を中心に展開

許可番号
特定建設業 東京都知事 許可(特-26)第142741号|宅地建物取引業国土交通大臣 免許 (1) 第8370号|一般建築士事務所 東京都知事登録 (1) 第59867号